中古パソコンのよくある質問

よくある質問イメージ画像




「中古のパソコンってちゃんと動く?」
「すぐに壊れて、結局高くつくのでは?」
「セキュリティー面は大丈夫かな?」

パソコンを購入する時に新品にするか中古にするか悩みますよね。
中古パソコンの方がコスパが良さそうに見えるけど、パソコンに詳しくないからなかなか答えが出せないことがあると思います。

そんな時は販売会社の信頼性で判断しましょう。
そうすれば安心してコスパの良い中古パソコンを購入できます。

この記事では販売会社の信頼性をチェックするポイントを解説します。


中古のパソコンってちゃんと動く?

購入したパソコンがすぐに動かなくなってしまうと悲しく、怒りを覚えますね。
そうならないように購入しようとしている中古パソコンが、どのようなところで、どれぐらいの期間使われ、ちゃんと検査されているかを確認しましょう。(このポイントが明記されているかどうかが信頼性を判断する第一歩です)
個人ユースのパソコンであれば同じ機種であっても人それぞれの扱い方をしているので、商品ごとに良い状態のものと悪い状態のものが入り混じっています。
法人ユースのものであれば会社の資産として扱われ、会社のルールに従った使い方をされているので全体的に良い状態のものが多いです。
使用期間は長いとそれだけ劣化していきますし、日進月歩し続けるパソコン業界ですのでスペック自体も新品から見劣りしてしまいます。コスパを考慮した狙い目は2年〜3年落ちの商品です。
最後にきちんと販売会社で動作確認されたパソコンであるかも確認した上で購入しましょう。


すぐに壊れて、結局高くつくのでは?

安いと思って購入したパソコンが壊れて使えなくなると、また次のパソコンを購入することになり、結果的に新品のパソコンを購入していた方が安かったなんてことになりたくないですよね。
安心して下さい、中古パソコンにも保証制度があります。ただ販売会社によって保証期間・保証内容は様々ですので、購入前にきちんと確認してから購入するようにしましょう。製品の状態を確認するためには少なくとも3ヶ月、できれば6ヶ月の保証がついた販売店で購入すれば損することはありません。


セキュリティー面は大丈夫かな?

中古パソコンだから何かのウィルスに感染していないか、購入後に使っていると個人情報が抜き取られたりしないかといった心配があるかもしれません。
そこで重要になるのは、どのような製品がどのように再生化されたか、ということです。法人ユースであったパソコンであれば、会社内のセキュリティーに守られていた可能性が高く再生化後の信頼性も高いです。再生化に関する信頼性はその販売店がパソコンであったりITに関してどの程度精通しているかがポイントになります。出来る限り大手のIT企業に関わりのある販売店をオススメします。


まとめ

いかがでしたでしょうか。少しは中古パソコンに対する不安は解消されましたか。
しっかりと販売会社の信頼性を確認すれば、コスパの良い中古パソコンを安心して購入することができます。
販売会社の取り組み内容を確認し、コスパ最強の中古パソコンを検討してみてはいかがでしょうか。

お問合せ・見積り依頼